So-net無料ブログ作成
検索選択

約1年振りの歌津(南三陸町) [Life]

久しぶりの更新です。何とか生きています。

昨年の震災後の数ヶ月間、RQ市民災害救援センター(以下RQ)での活動で何度か歌津を訪れました。ボランティア活動は撤去作業や物資支援、写真洗浄等が主でしたが、音楽で何か出来ないかと思い、10月にサウーヂで大崎と遠刈田を訪問してサンバのパフォーマンスを行ったのは前にも書いた通りです。
http://orfeu.blog.so-net.ne.jp/2011-10-26

そして「いつか歌津でサンバが出来ないか」という思いがあり、7/13に有休をとり、今の歌津の状況を知るために訪問しました。
#雨が降ったり止んだりで写真があまり撮れておらず、判り辛くて申し訳ございません。

写真.JPG
海辺はなおも廃墟が広がりますが...

2.JPG
仮設の商店街も開店し、人の動きが感じられます。ここで買いそびれていた軍手を買いました。
伊里前福幸商店街:http://minamisanriku-mall.com/reported/index.cgi

3.JPG
簡易ステージもあり。ちょっとしたライブなんかも出来そう。

4.JPG
咲きかけの桔梗が一輪。心を和ませてくれます。

5.JPG
現在不通の気仙沼線。判り難いですが、作業員の方々が測量をしていました。線路を取払い、バス路線を作る計画があるそうです。

写真を撮りそびれましたが、まず「魚竜の湯」についてです。

東日本大震災発生後、南三陸町歌津地区にある歌津中学校は避難所となりました。その20日後の3月31日、自衛隊や地域の皆様、ボランティア団体で協力し合い、仮設共同浴場として誕生したのが「魚竜の湯」です。
RQ歌津のボラセンメンバーは皆、ここでお風呂のお世話になった筈です。

歌津中学校の避難所閉鎖に伴い一度は閉鎖した魚竜の湯ですが、地域のコミュニティーとしての役割が期待されていただけに惜しむ声も多く、代表のテッペイさんが再開に向けて NPO法人を立ち上げるべく活動中です。
今回は山学校を途中で抜け出して(思ったより遠くて、汗だくになった...)直接お会いして、年会費1万円を支払って会員の申し込みをして来ました。
サンバについても、イベント企画等はここでは行っていないが場所を提供するのはやぶさかでないとのことでした。

魚竜の湯の詳細につきましては、下記をご覧下さい。もしご賛同頂ける方はご支援をお願い致します。

魚竜の湯:http://thermae-utatsus.com/index.html







さて、「てんぐの山学校」について。RQ歌津センターの流れを汲み、八幡明彦さん(通称:スパイダー)が主催するヤマ学校です。サバイバル・キャンプ、手作りのお祭り復元、ヤナギや杉を使った建物づくり、台風で被災した遊び場の橋や道の復旧作業、山の幸の感謝祭、焚き火でのケーキ・縄文土器・燻製づくり、化石掘りや石器ごっこ等、地元児童対象の活動を続けています。
今回はここでサバイバルキャンプの準備等のお手伝いをさせて頂きました。

てんぐの山学校:http://utatsu.blogspot.jp/




7.JPG
活動拠点の「さえずりの谷」です。その名の通り、ウグイスのさえずりが響きます。毎週末に親子で訪れる一家もあり、野趣溢れるところです。

7/14は午前は準備、午後は参加者として各所を一緒に訪問しました。

6.JPG
RQ跡地横に建つ白テント商店街。

8.JPG
前出の伊里前福幸商店街に移転されたお店もあり、今では少し空きスペースもありますが、コミュニティとしての存在意義は大きいです。

9.JPG
写真では判り難いですが、床屋さんは営業中。予約制ですが、多くの方々が訪れるそうです。

11.JPG
スパイダーさんの事務所。

10.JPG
朝日新聞の記事。読み難くて済みません。

12.JPG
手作りのお祭り復元の成果の一つ、お神輿です。棚を作るための木のパーツを組み合わせて作ったそうで、アイデアの勝利ですね。


13.JPG
これは歌津中学校の校舎です。各学年の薪置き場の張り紙がご覧頂けますでしょうか。なんと、薪割りの訓練(!)が行われています。これから数十年後か明日か判りませんが、再び津波が襲来したときに備えているのです。次の世代のために出来る事を続けていく、その姿勢に感服させられました。

14.JPG
草刈りのボランティアの方々。まだまだこういう活動は続いています。

15.JPG
地域によっては、まだ撤去されていない瓦礫や自動車も残されています。

この日の夜は「被災してここへ着の身着のままで辿り着いた」という想定で、生木を集めて焚き火で暖をとり、廃材等、有るもので竃を作って湯を湧かし、拾った海藻を食べたりしました。また、漁師の小野寺さんに避難所での出来事等、貴重なお話を聴かせて頂きました。

16.JPG
さえずりの谷での活動の写真が無く、済みません。
写真は7/15の朝食(木苺、桑の実、ぐみ)です。非常用ビスケットに乗せて皆で食べました。

午後から現地の子供達も参加予定で心残りでしたが、遠隔地ゆえ、私はこの日の朝には引き上げさせて頂きました。状況が詳しく伝えられず、済みません。

ともあれ、昨年のように太鼓の音さえ憚られるという空気ではなくなっているのは確かだと感じました。また今回はテッペイさんとスパイダーさん、やり方は違えど共にそれまでの生活拠点を捨ててこの歌津に身を投じたお二人に会えてお話出来たことは収穫でした。我々がサンバ演奏出来るような具体的なイベントについて考えるのはもう少し時間が要りそうですが(伊里前三嶋神社のお祭りは既に3月に開催済み)、今後も歌津のことを考えていきたいと考えております。

まとまりが無いですが、この辺で。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

moz

お久しぶりです。そうなんですね、南三陸町の方に行かれていたんですね。お写真と文章を拝見して、以前見せていただいたものとはかなり違っているなと感じました。ただ、まだまだ復興と言うものには程遠いのですね。
ニュースや新聞でもあまり報道されていないので、現状と言うものが良くは分かりません。もっともっと、みんなに現状を見せないといけないのでしょうね。nexus_6さんたちのサンバはもうちょっと先のようです。でも、皆さん頑張られているんだなと、工夫されているんだなと思いました。
その後、体の具合はどうですか?
by moz (2012-07-22 12:22) 

nexus_6

mozさん、ありがとうございます。右手の故障のため、今年は浅草サンバカーニバルにはアルモニア(隊列の進行係)として参加予定です。
歌津でサンバをやるのはもっと先になりそうですが、大崎市等、昨年のように訪問してサンバをやるかも知れません。焦らず、出来ることを続けていこうと思います。
by nexus_6 (2012-07-30 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。